小説の買取価格

出版されたばかりの小説であれば高いことが多いですが、(例外もありますが、)時間が経つとやはり安くなりやすいです。
また、小説はしばしば文庫本化されますが、古本を買い取っているお店でも(古めの)文庫本を敬遠する場合があります。例えば「発売○○か月以上の文庫本は買取不可」とするお店があります、
買取自体は可能でも「旧作の文庫本は1~5円の買取価格になることがあります」と公式サイトに記載しているお店もあります。
なお、そのような記載がないお店でも、古くて需要の少ない小説(単行本でも文庫本でも)は数円の買取価格になりがちですので、高価買取を目指すならなるべく新しくて需要が多いうちに売りましょう。

おすすめ小説買取業者

サービスが充実している小説買取業者を紹介します。買取価格については小説のタイトルによるので、気になる方は価格を公開しているお店でそれぞれチェックして、納得できる金額のところで売りましょう。

ネットオフ

ネットオフ

 ネットオフは小説など本であれば30冊から受け付けており、送料も手数料も無料です。依頼すれば段ボールも無料で届けてくれます。
まだネットオフで一度も売ったことがない方は、初回限定キャンペーンを利用すると受取金額が1,000円もアップするのでお得です。買取価格が3,000円以上であればさらに1,000円アップします。
 その他2回目以降のお客様も利用できる割増キャンペーンも開催中です。

初回限定買取キャンペーンは>>こちら
割増キャンペーンは>>こちら
※キャンペーンを同時に利用することはできません。

専門書売っ得ドットコム

 専門書売っ得ドットコムは5点以上か3,000円以上で送料無料となります。振込手数料も無料です。
 キャンセルの場合も2箱までなら無料で返送してくれます。
お得なキャンペーンも開催中です。


専門書売っ得ドットコムの買取申込は>>こちら

おすすめの記事