DVDを高く売るコツ

DVDを高く売るには

同じDVDでも買取価格はお店ごとに違うし、商品の状態や売る時期によっても異なります。
このページでは、DVDを高く売るコツを解説しているので高価買取を目指す方はぜひ参考にしてください。

付属品を揃えて売る

DVDにはブックレットやポスター、シール、写真などの付属品がついていることがあります。
付属品が欠品していると査定に大きく影響しますし、買取業者によっては付属品がないと値段がつかないことさえあります。
もともとついていた付属品は必ずそろえて売りましょう。

綺麗な状態で売る

キズがあったり汚れていたりすると減額、状態が悪ければ買取不可になってしまいます。
ディスクはもちろん、ケースや付属品も綺麗な状態で売るのが望ましいです。
日ごろから丁寧に扱い、保存にも気を使ってください。 汚れがついてしまったらふき取りましょう。ディスクの汚れにはメガネ拭きがおすすめです。繊細なので優しくお手入れして、傷つけないように注意してください。

早めに売る

発売からあまり期間が経過していない新しいDVDの方が高く売れる傾向にあります。
新しくなくても、例えば売りたいDVDの映画がテレビで放送された後などは中古相場が上がることもあるのですが、その機会を待っていたのではいつまでたっても売れないかもしれません。売りたいと思った時にすぐ売りましょう。

お店ごとに買取価格を比べてから売る

同じタイトルでも買取業者によって査定額は様々です。買取価格を公開しているお店で値段を確認して、納得できる金額のお店で売りましょう。
買取価格を公開しているDVD買取業者はこのサイトでもいろいろ紹介しているので一度チェックしてみてください。

>>おすすめDVD買取業者を紹介しているページはこちら

おすすめの記事